ふれあいコープの取り組み

Our Approach

『10の基本介護』について

なじみのある地域で、いつまでもずっと暮らし続けたい。そんな当たり前の願いを実現するために、 介護の基本「10の基本介護」に取り組んでいます。生活の基本から社会との関係、そして人生の最期まで周りの人々と喜びを共有できるケアを目指しています。
1から10まで順番に行うことで、大切な人を寝たきりにさせないトータルケアへとつながります。

10の基本介護

換気をする
01
換気をする

病気予防には換気が大切。新鮮な空気を取り入れ、衛生的な環境を守り、感染症を予防します。

床に足をつけて座る
02
床に足をつけて座る

正しい座位(骨盤が立っている状態で足の裏に圧をかける)を保つことで、覚醒した生活を送ります。

トイレに座る
03
トイレに座る

トイレで排泄する事は、人間が護るべき尊厳の基本と考えます。布パンツでの暮らしをサポートします。

あたたかい食事をする
04
あたたかい食事をする

ご自身で調理して盛りつけたり、親しい方と楽しく食べたり。誤嚥(ごえん)防止のために、食事前には口の体操も行います。

家庭浴に入る
05
家庭浴に入る

湯船にゆったりつかる習慣は日本のすばらしい文化。生活リハビリの効果を生かして家庭浴への入浴を大切にしています。

座って会話をする
06
座って会話をする

安心感を与えられるように座って会話をします。共に時間を過ごし、日々の見守りを行います。

町内にお出かけをする
07
町内にお出かけをする

慣れ親しんだ地域に出かけることは社会性や精神的な豊かさを保つためにも大切なこと。これまでの生活リズムを維持できるようにします。

夢中になれることをする
08
夢中になれることをする

自分らしく、好きなことに夢中になれる機会や、居場所づくりに取り組みます。

ケア会議をする
09
ケア会議をする

ご自分の街で住み続けられるように、社会性と暮らしてを守るケアプランをつくります。職員はチームでケアに取り組み、ご家族を含めサポートします。

ターミナルケアをする
10
ターミナルケアをする

元気な時から人生の最期まで、地域との連携でご自宅のターミナルケアをサポートします。

NEXTふれあいコープの安心システム

Copyright 2018 FUREAI COOP. All Rights Reserved.